二次会を開くには?

結婚式といえば人生の晴れ舞台。
挙式・披露宴が終了すると、その後に二次会が開かれます。
新郎新婦にとって、披露宴に参列できなかった友人なども参加するため楽しみにしているカップルも多いですが、挙式・披露宴の準備で忙しい中、二次会の準備もとなるとなかなか手が回りません。
そこでスムーズに二次会を開くためのポイントを押さえておきましょう。

まずはじめに二次会の幹事を選びます。
二次会の幹事は、明るくて社交性があり、リーダーシップをとれる人に任せると良いでしょう。
また二次会とはいえ結婚式の延長でもあるので、カジュアルになり過ぎずTPOをわきまえたほうが望ましいです。
次に会場を決めます。
二次会会場は挙式・披露宴会場の近くが望ましいです。
参加人数や予算により会場や料理・飲み物などが決まるため、事前に把握しておく必要があります。
二次会会場は直前になっての予約は難しいこともあるので、時間に余裕を持って探しておきましょう。
会場が決まれば、二次会のプログラムや演出内容を決めます。
出し物やゲームなどリクエストがあれば幹事に伝え、お任せすると良いでしょう。
ある程度内容が固まれば、参加者の出欠確認をします。
二次会では電話やメールで出欠確認をするなど、挙式・披露宴のように堅苦しい形式は必要ありません。
ただし、当日に急遽参加を希望される方もいらっしゃるため、会場や料理は余裕を持って対応できるようにしておくことをおススメします。

結婚式の二次会は、幹事に丸投げという新郎新婦もいらっしゃいますが、幹事も仕事の合間を縫って準備をしてくれるので、会場や方向性など大まかな部分は事前に決めてから依頼するとスムーズに準備することができます。
そのうえで二次会の幹事を依頼しますが、幹事を依頼する際にもマナーや気遣いが必要です。
気持ちよく幹事を引き受けてもらうためにも、依頼時に注意したいポイントを別頁にてまとめましたので、ぜひご覧ください。



~特選サイト~
幹事が助かる二次会・忘年会景品のネットショップです >>> 忘年会景品